【7つの不使用】メディプラスゲルには入っていない危険性のある成分

投稿日:

メディプラスゲルの危険性

メディプラスゲルは、大人よりもデリケートな赤ちゃんの肌にも使えるほど低刺激なオールインワンゲルです。子供からお年寄りまで年令を問わず使用することができます。

それは、メディプラスゲルが安全性に優れていることを裏付けています。うるおい成分を厳選してつくられているメディプラスゲルだからこそ実現した、肌に優しい化粧品なのです。

メディプラスゲル保湿
メディプラスゲル保湿

メディプラスゲルは7つの不使用

メディプラスゲルには、肌に刺激を与える可能性がある「7つの成分」は使用していません。肌のうるおいを重視し、不要なものはカットしてつくられています。

具体的には、防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン、アルコール(エタノール)、合成着色料、合成香料が不使用となっています。

もし、これらの成分が使われていたら、一体どのような問題が起こる可能性があるのでしょうか。一つ一つの成分について調べてみました。

防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)の危険性

パラベンやフェノキシエタノールは非常にポピュラーな防腐剤であり、多くの化粧品に配合されています。これらの成分は、配合される濃度にもよりますが、アレルギー反応が出る可能性を含んでいる成分です。

特にパラベンは、肌荒れや皮膚炎などが肌にあると、アレルギーを起こすという事例が多くあります。健康な肌では安全性が高いと言われているパラベンですが、敏感肌・乾燥肌の方が常に健康な肌でいるのは、なかなか難しいかもしれません。

一方、フェノキシエタノールはパラベンよりも毒性は低く、安全性が高いと言われていますが、パラベンよりも効力が低いため、濃度が高くなりがちです。濃度が高いと、こちらも肌トラブルの原因になることがあります。

これらの成分は研究が進んで安全性が増し、昔ほど危険視されていませんが、使用しなくても良いのであれば、使われていないことに越したことはないでしょう。

鉱物油の危険性

鉱物油を化粧品に使うと、肌の表面に油の膜をつくって保護したり、のびの良いテクスチャーになったりするというメリットがあります。

しかし、栄養素が全く無い油であることに変わりはなく、頻繁に使うと毛穴が塞がれてしまったり、肌の代謝が悪くなったりするというデメリットが有ります。それでも、価格が安くて酸化もしにくい成分であるため、多くの化粧品に使用されていることが多いようです。

最近では、より安全性の高いものが使われているようですが、鉱物油が使用されている化粧品には、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

石油系界面活性剤の危険性

石油系界面活性剤の前に、まずは界面活性剤についてお伝えします。

界面活性剤とは、普段は混ざり合わない水と油のようなものを、長時間混ざった状態に保つ成分のことです。化粧品には色々な成分が入っていますので、それをムラのない状態に保つために配合されます。

「界面活性剤は肌に悪い成分」というイメージがあるかもしれませんが、界面活性剤にも様々な種類があり、すべてが肌に悪いというわけではありません。

ただ、特別に気をつけておいたほうが良い種類は、「石油系」の界面活性剤です。石油系界面活性剤は、肌に必要な皮脂を洗い流したり、肌にヌルヌルが残って肌荒れの原因になることがあります。

また、肌本来のバリア機能を壊して低下させる可能性もありますので、石油系の界面活性剤が含まれている化粧品には注意したほうが良いでしょう。

シリコンの危険性

スキンケアにおけるシリコンの役割は主に、のびを良くしたり、ベタつきを抑えたりするなど、使用感をよりアップさせるために化粧品に使われています。

ただ昔は、シリコンには悪いイメージがありました。シリコンは肌を覆う性質があるため、毛穴を塞いで肌の代謝が悪くなったり、他の成分の浸透を妨げると言われてきたようです。

しかし、シリコンの膜は網目状だから毛穴は塞がないということが、研究が進むにつれてわかってきたため、問題はないと言われています。

つまりシリコンに関しては他の成分に比べ、害があるようなものではありませんが、肌に不必要な成分であることに違いはないため、メディプラスゲルには配合されていないということのようです。

アルコール(エタノール)の危険性

化粧品に配合されているアルコールとは、エタノールのことです。エタノールはアルコールの中に含まれている成分ですので、アルコールと呼ばれることもあります。

スキンケアにおいては主に、防腐剤のような効果や、揮発性の高さによる使用感の向上が期待できるため配合されています。

しかし、揮発性の高さゆえに起こる問題もあります。蒸発する際に肌の水分を奪ってしまうため、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要なのです。

また、肌の健康に必要な菌を死滅させてしまう作用があるため、肌のバリア機能が低下するとも言われています。

合成着色料・合成香料の危険性

合成着色料・合成香料とは、天然の着色料・香料ではなく、人工的につくられたもののことを言います。

合成着色料には、石油に含まれるタール色素からつくられるものがあります。これらは化粧品に多く使用されていますが、アトピーやアレルギーを引き起こす可能性があると言われています。

合成香料にも、石油からつくられるものが多くあり、その種類は数百種類に及びます。敏感肌の方は特に、それらが配合された化粧品は避けたほうが無難です。

まとめ

以上、メディプラスゲルには一切含まれていない「7つの不使用」の成分をご紹介しました。特に石油からつくられている成分は注意すべきものが多いようです。

現在は研究が進んで製法が変わり、昔とは比べ物にならないくらい安全になった成分もありますが、まだまだ敏感肌の方には肌トラブルの原因となり得る成分です。

化粧品を選ぶ際はメディプラスゲルのように、安全な成分だけでつくられているものを選ぶようにすると、敏感肌の方でも安心して使うことができるでしょう。

メディプラスゲルの定期購入コース

・購入回数に縛りがないため、初回のみの購入後に解約も可能。(解約はウェブページのボタン一つでできます!)

・初回2,996円(税込)。1本で2ヶ月分のオールインワンゲルなので、初回の2ヶ月間のスキンケア費用は月1,498円(税込)に。

・初回送料無料、肌に合わなければ全額返金保証つき。

・その他製品のサンプルセットつき。

私がメディプラスゲルを2ヶ月使用して、小ジワがほぼ消えた体験談(写真あり)はこちらです。

▼ 1,000円オフで最安値の購入はこちらから可能です。▼

メディプラスゲル保湿
メディプラスゲル保湿

-メディプラスゲル
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メディプラスゲルはニキビや吹き出物ができやすい?悪い口コミを調査

メディプラスゲルの悪い口コミを見てみると、極少数ですが、使用してニキビができたという方を見つけることができます。 しかし、メディプラスゲルの成分を詳しく見てみると、逆に、ニキビの改善や予防に効果が期待 …

解約・休止・周期変更も簡単!メディプラスゲルの定期購入のメリット

メディプラスゲルは定期購入で購入すると、最安値で手に入れることができます。 定期購入というと、長く買い続けなければいけないイメージがあるかもしれませんが、メディプラスゲルの定期購入は一度きりの購入で解 …

メディプラスゲルの成分(アボカド油・アクアオイル・スクワラン)

ポンプ式で使いやすいオールインワンジェルの「メディプラスゲル」には、選び抜かれた66種類の美容成分が含まれています。その中でも今回は、肌を「ほぐす」働きのある成分についてまとめてみました。 メディプラ …

メディプラスゲルは毛穴の開き・黒ずみ・たるみにも効く?【写真あり】

メディプラスゲルは保湿に力を入れているオールインワンゲルですが、毛穴の開き、黒ずみ、たるみなどにも効果が期待できます。 メディプラスゲルは、肌に毛穴のトラブルができる仕組みから考えられており、「アーチ …

メディプラスゲルの成分(ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンなど)

メディプラスゲルは、楽天やアットコスメのランキングでも長いあいだ上位にランクインしつづけているほど人気の、保湿力の高いオールインワンゲルです。 そのうるおいの秘密は、徹底した角質層の保湿を行う「湿潤美 …