シワができる理由とは?珠肌のうみつで改善する前に原因を把握する

投稿日:2017年12月15日

シワの原因

シワとは肌の表面にできる溝のことで、加齢と共に気になる肌の悩みの一つです。珠肌のうみつなどのシワ対策用のスキンケアで改善が期待できますが、シワができる原因を把握しておき、予防することに越したことはありません。

シワができる理由をしっかりと理解し、正しいスキンケアで若々しい肌をキープしましょう。

一言にシワといっても種類がある

見た目は同じシワであっても実は3つの種類に分けることができます。

表皮性のシワ

表皮性のシワは肌の表面にできる比較的浅い溝のことで、目じりや目の下など目の周辺にできやすいという特徴があります。このシワが出来てしまう理由としては肌のターンオーバーの低下や角質層の水分量が減ることなどが挙げられます。ちりめんジワと呼ばれることもあり十分な保湿をすることで改善しやすくなります。

真皮性のシワ

真皮性のシワは、その名の通り肌の深い部分である真皮まで溝が到達したものです。真皮には肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがありますが、加齢などによってこれらの成分が失われてしまうと肌はハリを保てなくなります。そしてそれによって深い溝ができやすくなります。ちりめんジワと比べると改善に時間がかかるのが特徴です。

表情ジワ

表情ジワは笑ったり怒ったりの表情を繰り返すことで肌の特定の部分が折り曲げられ、癖が付くようにしてできるものです。加齢などで肌のハリが失われると真皮性のシワに移行することがあります。骨格によっても表情ジワの出来やすさが異なるため個人差が大きいのが特徴です。

以上がシワの主な種類となります。肌の表面に近い部分に溝があるのか、より深い部分にあるのかで大きく分けることができます。

シワができる原因となるもの

どの種類のシワであってもシワが出来てしまう理由は共通しており、主に次のようなものが原因として挙げられます。

乾燥による肌のダメージ

肌が乾燥すると角質層が乱れて小ジワができやすくなります。予防するには出来るだけ肌を保湿し、乾燥させないことが重要です。間違ったスキンケアで皮脂を落とし過ぎないように注意し、入浴後などにはしっかりと保湿するようにしましょう。

紫外線による肌のダメージ

紫外線を浴びてしばらくすると肌の内部にコラーゲンを破壊する酵素がつくられてしまいます。コラーゲンが破壊されると真皮の深い部分まで溝ができやすくなるため、可能な限り紫外線を浴びないようにする必要があります。日焼け止めを使用したり、袖のある服を身に着けて紫外線を避けるなど対策を行うようにしましょう。

肌の美容成分の減少

コラーゲンやエラスチンの減少も原因となります。これらの成分は加齢と共に減少しやすいためサプリやドリンクなどで補う必要があります。コラーゲンの減少を食い止めることで肌に深い溝ができるのを予防することができます。

加齢による表情筋の衰え

加齢と共に筋肉は衰えていきますが、そうするとこれまで筋肉の張りによって支えられていた皮膚が垂れ下がるようになり溝が出来やすくなります。頬や口角、目元に起こりやすいため日頃から表情筋を鍛えることが大切です。

生活習慣の乱れ

食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどは肌の状態を悪化させます。肌の健康状態が保たれていないとダメージを受けやすく、ターンオーバーも正常に行われません。そのため肌トラブルが起こりやすくなります。規則正しい食生活に十分な睡眠、適度な運動とストレス発散を心がけて肌の状態を健やかに保てるよう心がけましょう。

喫煙や過度の飲酒

喫煙すると血流が悪くなって真皮の働きが衰え、小ジワが出来やすくなります。更にはコラーゲンやエラスチンを破壊することにも繋がります。飲酒の場合も同様でコラーゲンやエラスチンの働きを低下させる作用があるため注意が必要です。

以上がシワを作る原因となることです。珠肌のうみつは紫外線や乾燥、加齢などによって失われる肌のハリを取り戻すことを目指しており、そのために重要となる角質層の乱れを正して肌のバリア機能を修復することに焦点を当てています。

肌のハリを取り戻すためには確かにコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が必要ですが、それだけではダメージ肌を回復させることができません。

保湿自体は重要ですがバリア機能が整っていなければ肌はダメージを受け続け、ターンオーバーも十分に行われません。そのため保湿と合わせてバリア機能の修復を行う必要があります。

珠肌のうみつはそのための成分として卵殻膜から抽出した成分を使用しています。卵殻膜のバリア機能を修復する作用に着目し、それをスキンケアとして取り入れることで肌の健康状態を保ちます。

それに加えて保湿成分を配合することで肌にハリを取り戻し悩みを改善していくことを目指します。

このことから、珠肌のうみつはあらゆるシワの原因に対して効果があることが分かります。しかし、生活習慣が乱れていたり喫煙や過度な飲酒に該当する人は、スキンケアに加えてこれらの生活習慣を見直す必要があります。

せっかく十分なスキンケアを行っていても、肌のダメージに繋がることを続けていてはスキンケアの効果が十分に発揮されません。そのためスキンケアと合わせて生活習慣を整えるように意識しましょう。

私が珠肌のうみつを使用してシワを改善した体験談はこちらです。

▼ 42%オフで特典付きの購入はこちらから可能です。▼

-シワ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

珠肌のうみつでのスキンケア以外にできる年齢肌対策

珠肌のうみつは卵の内側にある卵殻膜を利用しています。この卵殻膜には肌のバリア機能を整えて保護することに効果があるといわれており、これと美容成分を同時に摂取することで、美容成分を単独で利用するよりもより …